お部屋探しの注意点~契約編~



始めてお部屋を借りるとなると、ご自身の理想が沢山あると思います。

実際にお部屋を選ぶときに何を確認して、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

前回は、お部屋を探す際、内覧する際の注意点をご紹介しました。

今回は”契約時”に確認する項目をご紹介していきます。



【契約するときの注意点】


良いお部屋を見つけていざ契約となると、”賃貸借契約書”とその重要な事項をまとめた”重要事項説明書”という大事な書類が出てきます。


”賃貸借契約書”

賃貸借契約といって、賃料を払ってお部屋を借りる契約を交わすことでお部屋を借りることができます。この契約書の中には賃貸の条件に関する項目が記されており、不動産会社・オーナー、物件によって内容に違いがあります。


”重要事項説明書”

お部屋を借りる際に、物件の内容や契約条件等の重要事項を必ず借りる人に対して説明しなければなりません。宅地建物取引士がこれから契約しようとする物件の内容や契約についての重要事項説明書を作成し説明を実施します。

そのため契約に関してしっかりと説明するタイミングが設けられていますが、初めてだとよくわからない部分が多いですよね。


もちろん、契約内容は全て大事ですが

気になる点をピックアップしてご紹介します。





[原状回復特約について]


賃貸物件を借り、退去する際に”原状回復義務”が生じます。これは、普通に住んでいて生じた損耗や毀損を復旧する事を言います。

その中で”原状回復特約”といって原則以上の条件を定めている場合があります。


★ルームクリーニング費用は借り主の負担

★鍵交換費用は借り主の負担

★内装の張替えは借り主の負担


などが挙げられます。一般的な内容ですが、特に負担が大きいと感じた場合は契約前に条件を変更できるか確認してみましょう。


[違約金や禁止事項について]


はじめに理解しておかないと思わぬトラブルにつながる項目をご紹介します。

契約の際にはしっかりと確認しましょう。


・短期解約違約金について

敷金・礼金ナシの場合や、フリーレントを適用した場合は最低契約期間が設定されるケースが大半です。1年以内等の指定された期間の解約に対して違約金が発生する場合があります。


・禁止事項について

ペット飼育の可否、楽器の使用や同棲・ルームシェアの可否などについても確認しておきましょう。知らない状態でも、発覚すると違約金や契約解除の危険性があります。


・契約解除について

家賃滞納や禁止事項を守れなかった場合は契約解除になることがあります。具体的な条件は必ず明記されているので確認しておきましょう。


・退去予告について

退去予告は物件ごとに期間や提出方法が異なります。

何ヶ月前までに退去予告が必要なのか、予告方法は指定があるのか等確認しておきましょう。


・更新料について

部屋の契約更新の際、更新手数料の有無に加え、火災保険・保証会社の更新料も忘れずに確認しておきましょう。