お部屋間取りの種類は?

賃貸物件を探す際に、お部屋の間取りは重要な要素になります。

ライフステージや趣味、家族形態によって選ぶ間取りは大きくことなります。

ご自身の生活に適した間取りはどれなのか、解説していきます。



【間取り表記の解説】


賃貸物件の間取りには、”1R”や”1LDK”などの数字+アルファベットで表記されています。

それぞれ下記のような意味となっています。


数字について⇒部屋の数

頭文字の数字は居室の数となっています。

1DKであれば居室1つ+DK、

2LDKであれば居室2つ+LDKとなります。


R(Room)⇒ルーム

個室を指していて、1Rの間取り以外では省略されています。

間仕切りの無い1つの部屋・空間になります。


L(Living)⇒リビング

リビングルームのことを指しており、ソファやテーブル、テレビなどを設置して

くつろぐ空間としての利用を想定しています。


D(Dining)⇒ダイニング

食事をする際のテーブルやイスを設置する利用を想定しています。


K(Kitchen)⇒キッチン

調理スペース・台所を指しています。


●一般的に上記を組み合わせて表現されています●

LとDとKは組み合わされてる買うことが多く、

DKは”ダイニングキッチン”となり、食事スペースとキッチンが同じ空間に設置されています。

LDKであれば、DKの空間にL(リビング)の機能が加わりますので、DKよりも広い空間になっていることが多く見られます。


◆たまにみるアルファベット◆

上記以外にも下記のような表記があります。


S(Service Room)サービスルーム

採光や通風の点から法律上は居室としてみなされませんが、収納専用として設置されていることがあります。”納戸”と表記される場合もあります。


RF(Roof Floor)ロフト

ポータルサイトでお部屋探しをしていると、”ロフト付き物件”等が出ている事がありますよね。このロフトは屋根裏収納を指していて、法律上は居室としてみなされていませんが、広い収納スペースを確保できるため好まれる方が多い間取りです。


DEN(ほら穴や巣の意味)

目的を限定しない幅広く使える居室の事を指しています。

趣味部屋や書斎等の使い方が多く見受けられます。




【間取りとお部屋の広さ】


お部屋探しの際に、お部屋の間取り、広さは重要なポイントですよね。


★しっかり自炊、家電家具を設置したいのであれば1DK以上がオススメ

1Rや1Kは、広いお部屋も存在しますがどちらかというと機能や大きさを押さえコンパクトに設計されています。キッチンについては簡単な調理を想定しているため、火力が足りなかったり調理スペースが小さいといったケースが大半です。


★1人暮らし~同棲予定の方、荷物等が多い方は1DK~1LDK

友人や恋人、よく家に人を呼ぶ方は1DK以上がオススメです。

また、在宅時間が長くおうち時間をゆったり使いたい方にも向いています。

食事・睡眠の空間を分けたり、ワーキングスペースとして活用する方も増えています。


★お二人暮らし~複数人で暮らす方は間違いなく1LDK以上

複数人で暮らす場合、1LDK未満だと収納が足りず、生活スペースが圧迫されることが大半です。2人暮らしに対応している1Kや1Rも一部ありますが、広め、家賃高め、となりますので少なくとも1DK、1LDK以上がオススメです。



ざっくりですが

お部屋の広さを専有面積別にみると、


~18㎡:平均的な一人暮らしの大きさ

一般的な一人向けのお部屋になり、コスパに優れています。


18~24㎡:空間に余裕のあるお一人暮らし

お一人暮らし向けですが、収納や空間に余裕があり、

物件によってはペット飼育可の条件が付いてきたりします。


25~28㎡:余力のある快適なお部屋

お二人暮らしやペットとの共生、1DKが見えてくるお部屋の広さです。


29㎡以上:1DKや1LDK、お二人暮らし以上に向いています。

お一人暮らしも勿論可能ですが、

お二人暮らし向けの物件が多くみられる広さとなります。

このあたりになると敷金・礼金が高くなる傾向がみられます。


上記の様なイメージとなります。

ご相談の際はさらに詳しくお伝えいたしますので

ぜひのお問い合わせをお待ちしております。