初期費用の内容とは?



初めての1人暮らし、実際に借りる際はどのくらいのお金がかかるのかは知っておきたい...という人が多いかと思います。

家賃と初期費用は大きな相関があります。

無理のないお引越しを叶えるために、初期費用にかかる項目を解説していきます。


【初期費用の内訳】


契約の際の初期費用は、大きく下記のような内容です。


・敷金

 家賃の0~2ヶ月分が相場


・礼金

 家賃の0~2ヶ月分が相場

 

・前家賃

 翌月分の家賃・共益費/管理費を先払い


・日割り家賃

 入居月の家賃を日割りで支払い


・仲介手数料

 家賃の半月分~1ヶ月分が相場

 解説は"コチラ"


・火災保険

 約1~2万円が相場

 解説は”コチラ”


・保証会社利用料

 家賃の半月~1ヶ月分が相場

 解説は”コチラ”


・鍵交換代

 1~2万円が相場 鍵の種類によって費用が変わります

 退去時支払いの場合もあります


・クリーニング代

 1~2万円が相場 専有面積・間取りによって費用が変わります

 退去時支払いの場合もあります



大半の場合、上記の項目が初期費用となります。

借りるお部屋の賃料のおおよそ3~4倍の額が初期費用の目安となります。

これに、24時間サポートや管理会社による会員制サポート等が加わる場合もあります。




初期費用を抑えた物件も出てきています


最近は、敷金・礼金ゼロといういわゆる”ゼロゼロ物件”や、

一定期間家賃が無料となるフリーレント期間 が適用できるケースがあります。

また、物件・不動産屋さんによってキャンペーン等が適用できる場合初期費用を大幅に抑えることが出来る物件も見られます。