外国人がお部屋を借りるには?



日本における外国人人口は年々増加傾向にあります。留学での滞在を始め、企業でも語学力の充実を図る為に積極的雇用が進んでいます。そんな外国籍の方が日本国内でお部屋を借りる際はどのような流れになるのでしょうか。大事なポイントを解説していきます。



1:賃貸物件の条件と入居審査

2:日本の風習について

3:まとめ


 

1:賃貸物件の条件と入居審査


外国籍の方が日本で賃貸物件を借りる場合、コミュニケーションの問題や日本独特の習慣、保証人・緊急連絡先の面で難易度が高くなる事があります。



日本国内の賃貸物件は無数にありますが、その中で外国籍の方が入居するにあたって


・外国籍入居OK

・入居審査OK


上記をクリアする必要があります。


まずオーナーさん、管理会社とのコミュニケーションの問題から外国籍不可の物件もぞんざいします。そのような物件はそもそもお申込みを受付できない為、候補から外すしかありません。もともと、英語や日本語以外の言語で募集されていたり、日本のポータルサイトで”外国籍可”等の表記があれば問題ありません。外国語対応の不動産屋さんであれば外国籍OKな物件から提案してくれます。(勿論、当店も海外専門の部署があります^^)


更に、日本人でも同じですが賃貸物件に入居するには個人でも法人でも誰でも審査があります。その際に大切な項目をご紹介します。


★支払い能力の証明

仕事に就いているかどうか、もしくは家賃支払いの方法を証明しなければなりません。

就労証明書や内定証明書、留学生の場合は母国の残高証明書等となります。


★在留資格

日本に入国・在留の許可証明が必要です。「在留資格認定証明書」が該当します。


★在留カード

在留期間・資格は様々ですが、中~長期滞在し、賃貸物件を借りる方は殆ど在留カードをお持ちかと思います。入居審査や本人確認書類として提出が必須です。


★連帯保証人もしくは緊急連絡先

お部屋を借りる際に基本的に国内の連帯保証人が必要になります。外国籍の方の場合準備が難しい場合が多いですが、その場合は外国籍向けの保証会社の利用ができるか確認しましょう。また、国内に住んでいる方で何かあった時に連絡できる方(緊急連絡先)がいると安心です。


★日本国内の銀行口座開設

入国後間もない場合は、入居後の作成になりますが毎月家賃の支払は銀行振り込みになるため銀行口座が必要です。 



★日常会話レベルの日本語が話せる

入居条件や入居審査において、ある程度の日本語を話せることが非常に大切です。管理会社、オーナーさんと意思疎通ができることが最低限の条件となります。




2:日本の風習について


国によっては、家賃・管理費・光熱費がまとめられていたり、お部屋に家電家具がついていたりする場合があります。


日本の賃貸物件の場合は、基本的に

・賃料

・管理費/共益費

とは別に光熱費が発生します。

また、照明器具やカーテンといった生活用品も自分で用意する必要があります。

(短期のマンスリーマンションやシェアハウスは除きます)


もちろん、お部屋内は玄関で靴を脱いで生活する仕様になっています。



3:まとめ


日本で賃貸契約をする場合、まず日本語が話せないと契約不可など外国籍の方にとっては厳しい物件があります。


契約の時に、留学先の証明や就業先の証明、在留資格の確認等があります。加えて住民登録・銀行口座開設といった様々な手続きが可能な為余裕を持ったお部屋探しをオススメします。


当店では母国にいてもリモートにて事前相談、ご契約のサポートが可能です。

ぜひご活用ください^^