敷金・礼金とは?



賃貸物件を契約する際に必ずかかわってくる”敷金・礼金”。何のために支払うお金でしょうか。意味と仕組みを把握することでトラブル防止につながります。

契約内容、初期費用と密接に関わってくる敷金・礼金について確認していきましょう。



【敷金・礼金とは】


「敷金」(保証金)


敷金とは、借主が貸主に事前に支払う預け金の事を指しています。

借主に貸主へ金銭の支払いが生じた場合には、貸主は敷金から優先的にその支払いに充てても良いという取り決めになります。


万が一の家賃滞納や、退去し引っ越す際の原状回復義務に基づいた補修などの工事費等が挙げられます。ペット飼育をする場合は清掃費用が高くなる傾向が多く、敷金が上乗せされるケースがあります。

敷金は預かり金となるので差し引く費用が無い場合や差し引いて余りが出た場合は借主へ変換されます。

関西圏では”保証金”と呼称することがありますが、意味合いは敷金と同様になります。



「礼金」


礼金とは、そのままの文字通りお礼の意味で借主から貸主へ支払うお金になります。これはそのまま貸主の収入になるため、返還されることはありません。

元々はお部屋が決まった際に貸主へ御礼として渡していたお金の名残になります。

一般的な相場は家賃の1~2ヶ月分となります。


新築物件や1LDK、2LDK、ペット飼育可など条件の良い物件に多く設定されている場合があります。





【敷金ゼロ・礼金ゼロの物件】


敷金・礼金の内容はいかがでしたでしょうか?

では、この敷金・礼金が0円の物件について確認していきましょう。


敷金・礼金ゼロの物件はその名の通り敷金礼金がかかりません。

初期費用を安く抑えることが出来るので物件の魅力・競争力が上がります。

貸主が空室を早く埋めたい場合や、建物が古かったりと必ず理由がありますが条件に問題なければ出費が大きく抑えられて好条件のお部屋となります。


ただし、物件によっては短期解約違約金の条件が付くケースがありますので必ず確認してくださいね。