短期賃貸マンションについて



数日間~数か月間にかけて出張や滞在する必要がある際にホテルを利用するとかなりの費用がかかってしまいます。賃貸マンションを契約する方法もありますが、初期費用・家電家具・退去時費用を考えると現実的ではありません。事情で1年以内の入居・滞在をお考えの方に適切な選び方を解説します。



1:短期賃貸とは

2:ウィークリーマンションのメリット・デメリット

3:まとめ


 

1:短期賃貸・ウィークリーマンションとは


通常の賃貸物件は、長期的な入居が前提の契約内容となっています。(定期借家を除く)

反対に、ウィークリーマンションやマンスリーマンションは1日・1週間・1ヶ月単位で部屋を借りることが出来るサービスです。マンションの一棟まるごと貸し出しているケースや一部のみ貸し出ししているケースなど物件の種類によって異なります。


ホテルや賃貸マンションに変わる滞在手段として人気が高まってきていますが、メリットとデメリットがしっかりと存在するため、特徴を理解した上で活用する必要があります。


では、ウィークリーマンションの特徴を解説していきます。



2:ウィークリーマンションのメリット・デメリット


普通の賃貸と比べて、賃料の支払い方法や契約内容で異なる点が多くあります。

メリット・デメリットを解説していきます。


【メリット】


★入居してすぐにいつも通りの生活を過ごせる

テレビや冷蔵庫、ベッド等の家電家具や生活用品が既に揃っているため、すぐに一人暮らしと同様の生活をスタートできます。


★炊事・洗濯などの日常生活をすぐに始めることが出来る

上記の様に家電家具・生活用品が揃っているため、入居したその日から洗濯はもちろん調理も可能です。


★自由に入居期間を設定できる(最低契約期間が設定されている場合を除く)

ウィークリーマンションはその名前の通り1週間(1ヶ月)単位で契約可能です。

事情や都合に合わせて自由に期間を設定することができます。


★初期費用が殆どかからない

マンスリーマンションは、一般的な賃貸物件の入居に必要な敷金・礼金・仲介手数料といった初期費用が発生しません。加えて上記の様な家電家具購入の必要も無い為、安くお部屋を確保できます。

しかし、入居期間分の家賃を一括前払いする必要がある為、ある程度まとまったお金は必要となります。


★ライフライン手配が必要ない

電気・ガス・水道に加え、ネット環境まで完備されています。各種手続きが不要な為、手間を省くことが出来ます。


★入居審査の敷居が低く、保証人不要

殆どの場合、本人確認書類と家賃支払いですぐに入居が可能です。

審査期間や、書類手続きが不要な点が魅力です。



【デメリット】


★長期滞在の場合は高コストとなる場合も

基本的にウィークリーマンションの家賃は通常の賃貸物件に比べて高く設定されています。

半年程度の滞在期間であれば、通常の賃貸物件より安く済む場合が殆どです。

入居期間が分かっている場合、毎月家賃、初期費用の合計を比較することが大切です。


★家賃の一括前払い

ウィークリーマンションは、月々の家賃を支払う通常の賃貸物件とは異なり、契約期間分の家賃を一括支払いするのが特徴です。初期費用が不要でもある程度の出費が発生する点に注意しましょう。また、契約期間中に退去する場合、支払った家賃の払い戻しができないケースがあるので、事前に確認しましょう。


★お部屋の内覧ができない場合がある/騒音トラブルが発生しやすい

入居の直前まで他の方が入居している場合があるため、内覧できないケースが多々あります。また、一般的な賃貸物件よりも部屋数が多く壁が薄いお部屋が多く存在します。遮音性を気にする場合はRC造等、あらかじめ構造まで聞いておきましょう。


★住民票の異動ができない

基本的にはウィークリーマンションの場合、住民票の異動ができません。

中には異動可能な物件が見られますが少ない傾向にあります。    



3:半年~1年程度の滞在ならオススメ


1週間以内の滞在であればホテル、

1週間以上であればウィークリーマンション、

1年以上であれば通常の賃貸物件、

上記の様な形態をオススメします。


短期の滞在でも賃貸物件のお問い合わせを頂いておりますが、

費用・手間の面からアドバイスさせていただいた結果、

殆どのケースでウィークリーマンションを選ばれています。


ご事情によって柔軟に対応が可能ですので

悩まれている場合は一度お問い合わせにてご相談下さいませ。